美容・ファッション

30代のロングヘア。痛いと思われない為の努力4つ!

私は現在30代前半で、人生で一番のロングヘアです。

だいたい、胸元・肩甲骨が隠れるくらいの長さです。人生で一番長いだけでなく、人生で一番髪の毛の状態も良いです^^

そんな私が「30代のロングヘアって痛いよね」と言われないために努力していることをまとめたのがこの記事です。

この記事は、

  • これからロングヘアにしようと思っている20代後半の女性
  • 今現在ロングヘアの30代以降の女性

向けに書いていますが、ロングヘアでない方でも「髪の毛を綺麗に保つケア」という視点で参考になると思いますので、ダメージヘアに悩んでいたらぜひ読んでいってください^^

ラスティークプレミアムヘアケアセット
ラスティークの口コミ!太い硬いロングヘアもまとまってサラサラ♪髪が太くて硬めのロングヘアにラスティークのプレミアムヘアケアセットという洗い流さないトリートメントを使った口コミです。 ラスティー...

30代のロングヘアでも痛いと思われないための努力4つ

私は、20代後半の時に「綺麗な髪でロングヘアを楽しめるのも若いうち」とふと思ったことがきっかけで伸ばし始めました。

20代後半の頃といえばまだセミロングくらいでしたが、度重なるカラーリングやパーマのダメージが蓄積されて、切れ毛・枝毛、髪の毛のパサつきなどがあり、お世辞にも健康な髪ではありませんでした。

そんな髪の毛が嫌になり、「綺麗なロングヘアになりたい」と思ったのです。

当然、髪の毛も若いうちの方が健康なものが生えてきやすく、綺麗なロングヘアを作りやすい訳です。「今のうちだなぁ」と思ったら伸ばさずにいられなくなりました。

そんな最悪のコンディションから伸ばし始めた訳ですが、根気よくヘアケアしながら伸ばしていったら、30代前半にして自分史上もっとも綺麗なロングヘアになることができました。

今は40代になっても綺麗なロングヘアでいることを目標に、日々努力しています。

1.美容院での定期的なカット、トリートメント

綺麗なロングヘアを作るために一番の土台となるのが、やはり美容院でのケアです。

特に私の場合、ヘアカラーやパーマで髪が傷んでスッカスカの状態だったので、美容院でケアせずにそのまま伸ばしたら、ただ汚いだけのロングヘアになってしまいます。

そこで、美容師さんに「傷んでいる髪が嫌になった。カラーやパーマをやめて、綺麗なストレートヘアが欲しい」と相談。

そうしたら、「一度傷んでしまった髪はもう元に戻らない」とのこと。

「傷んでしまった髪よりもこれから生えてくる髪の毛を大事にしてあげることが長い目で見た時に大事」とアドバイスして頂けました。

やっぱり髪の毛のことは美容師さんに聞くに限るね!

 

私はセミロングの長さを維持しつつ伸ばしていきたいと思っていたので、下記の様にケアして貰う事にしました。

  • これから生えてくる髪の毛は健康な状態を維持するためにトリートメントでケアする
  • 傷んだ毛先は元に戻らないので、伸びた分カットする

これで、時間はかかるけどやがて根元から生えてきた健康な髪の毛が伸びた時に綺麗なロングヘアになるとのこと。

私は2か月に1回美容院に通い、トリートメントと毛先のカットをして貰いました。

人間の髪は1カ月で約1cm伸びると言われています。

2か月で約2cm伸びる計算ですが、2か月に1回毛先をカットして貰ったため、2か月で1cm伸ばすという、「行っては戻り」の時間のかかる伸ばし方です。

 

この繰り返しで、やがて根元から生えてきた健康な髪の毛に時間をかけて入れ替えることができました。

かつ、20代の時の肩くらいの長さのセミロングからもだいぶ伸びて、胸元・肩甲骨が隠れるくらいのロングヘアです。

時間もお金もかかってしまいますが、「一切ハサミを入れず」に、「トリートメントせず」に伸ばすのに比べ、グッと綺麗なロングヘアを手に入れることができますよ。

2.静電気ダメージを避けるために、櫛はつげ櫛を使う

つげ櫛とは常緑広葉樹の”つげ”から作られた櫛のことです。

国産の物は高く、なかなか手を出しにくいお値段なのですが、弾力があり、折れにくく耐久性に優れているので、一生ものの櫛といえます。

 

そんなつげ櫛を使って髪をとかすメリットは下記の通り。

つげ櫛を使うメリット
  • 静電気が起こりにくく、ダメージを抑えて髪の毛をいたわれる
  • 頭皮への適度なマッサージ効果

プラスチック製のコームなどで髪をとかすと摩擦で静電気がおきやすく、キューティクルを剥がす原因になります。

これは「切れ毛、枝毛、折れ毛」の原因になり、下手すると頭皮や毛根もダメージを受けて「頭皮のかゆみ、薄毛、細毛」を引き起こしてしまうことも。

つげ櫛は一般的な櫛に比べると数百分の一程度しか静電気が発生しないと言われています。

普段使っている櫛をつげ櫛に変えるだけで髪の毛に優しいことがよく分かりますね。

 

また、つげ櫛で髪をとかすと頭皮への適度なマッサージ効果があると言われています。

頭皮の血行がよくなることで健康な髪の毛が生えてきやすくなるので、綺麗なロングヘアを維持しやすくなります。

更に、髪の毛が乾燥してパサつきやすいという方はつげ櫛に変えるだけでも、まとまりのあるツヤ髪になることも。

 

つげ櫛には国産や外国産、つげ以外の木で作られたものなど色々あり、値段はピンキリです。なので、本物のつげ櫛を買いたい場合はやはり専門店から購入するのが安心です。

私は京都に行った時に専門店で購入しましたが、遠方だとなかなか厳しいので、通販を活用されることをおすすめします。

 

個人的にはつげ櫛にかえただけでも髪の毛にツヤやまとまりが出ると感動しましたよ^^

決して安い買い物ではないのですが、一生ものですし、綺麗な髪の毛のためと思って思い切って購入しました。

3.シャンプーにこだわり、ホームケアもしっかり

美容院でせっかくトリートメントして貰っても、ホームケアがおざなりでは髪の毛が傷むのも早くなってしまいます。そこで大事になってくるのがホームケアです。

美容師さんも「トリートメントの効果を長持ちさせるためにも、ホームケアも大事にしてください」とホームケアの重要さについて話していました。

 

私は「コタ アイ ケア シャンプー&トリートメント」を使っています。

コタアイケアシャンプーとトリートメント

コタアイケアは巷でスゴイと人気のシャンプー&トリートメントですよね♪

COTA アイ ケアとは
  • コタ株式会社が販売している美容室専売品
  • 髪質や毛質にあわせてシャンプーやトリートメントを選べるように種類が豊富
  • 心地よいアロマの香り
  • 低刺激、低脱脂、低タンパク変性、シリコン不配合の体に優しい製品

市販品と違って美容室専売品なので細かく種類が分かれており、自分の髪質に合わせて最適な物を選ぶことができます。

 

私が通っている美容室で使われていたことがきっかけで気に入ってしまい、美容師さんに頼んで取り寄せて貰って購入し、ホームケアに使っています。

シャンプーとトリートメントで1万強くらいするのですが、容量が多いので1年に1回購入する程度です。

そんなに金銭的負担にはなっていないことと、何よりコタアイケア使うと髪の毛の調子がとってもイイ!ので20代の時から浮気することなく使い続けています。

綺麗なロングヘア維持のためには、美容室でのケアだけでなくホームケアも大事です。

シャンプー・トリートメントにこだわってみてください!

4.30歳過ぎたら「洗い流さないトリートメント」でのホームケアも大事

20代の頃はここまでに書いてきた3つのケアだけで、そこそこいい状態の髪の毛を保てていました。

20代まではこれだけで十分だった
  1. 美容院での定期的なケア
  2. つげ櫛
  3. シャンプー&トリートメントでのホームケア

しかし、30代になるとこの3つだけではなかなか難しくなってきたので、新たに「洗い流さないトリートメント(アウトバストリートメント)」を使ったホームケアを取り入れました。

洗い流さないトリートメントとは
  • 髪のダメージ進行を予防する役割。「乾燥、紫外線、静電気」などの刺激や負担から髪を守る。
  • 髪の毛の質感をコントロールし、ヘアセットしやすくする
  • なりたい髪質に近づける

私はベタつくのが嫌で使ってこなかったのですが、30歳を超えてそうも言ってられなくなりました。

探せばベタつかない物もあるだろうと思い、色々探した結果、今気に入って使っているのがラスティークのプレミアムヘアケアセットです。「ベタつかない」「髪の毛サラサラ」「まとまる」という点がお気に入り!

洗い流さないトリートメントを使い始めてから、パサつきが軽減されるなど髪の毛の調子が良くなり、嬉しいことに美容院に行く間隔が長くなりました。

ホームケアのおかげでいい状態が長持ちしやすくなったんです♪

洗い流さないトリートメントを正直侮っていましたが、今はロングヘアのケアにはなくてはならないアイテムです!

まだ使ってないという方はぜひヘアケアに取り入れてみてください。

ラスティークプレミアムヘアケアセットの口コミ」も書いていますのでぜひ読んでみてください^^

ラスティークプレミアムヘアケアセット
ラスティークの口コミ!太い硬いロングヘアもまとまってサラサラ♪髪が太くて硬めのロングヘアにラスティークのプレミアムヘアケアセットという洗い流さないトリートメントを使った口コミです。 ラスティー...

30代以降のロングヘアは手を入れてあげないと痛くみられやすいので注意

私は自分が好きなヘアスタイルをすればいいと思っていますが、「ロングヘアが痛い、不潔に見える」と言っている人がいるのも事実。

私自身、ロングヘアの人を見て「ウッ」と思ったことがないかと言われるとウソになります。

なので自分もそう思われないために何に気を付けたらいいのだろうと考えた時、「ロングヘアが痛い、不潔」と思わせられる人に共通している点は、似合っているか、似合っていないかではなく手入れがきちんとされていないということでした。

手入れされていないロングヘア
  • 毛先が先細っている、弱弱しい
  • パサつきがひどい
  • 白髪を放置
  • 美容院に行っていないかのような放置ぶり

これだと、10代や20代であっても「ロングヘア辞めたら」と言われそうですよね。ただ、まだ若さでカバーできるんですよね、この年代は。

逆に、30代40代50代のロングヘアでも痛いと感じない人はツヤ感があってきちんと手入れされている方。

芸能人を持ち出すのもアレですが、分かりやすい例だと安室奈美恵さんや仲間由紀恵さん。

30代以降は「痛く見られるロングヘア」と、「痛く見られないロングヘア」の違いを理解してきちんと手入れしてあげることが大事です。

周囲の評価が気にならないのであればいいですが、私は気になるので(^_^;)

少なくとも今は40代になってもロングヘアでいたいと思っているので、綺麗なロングヘアを維持する努力を続けていきます♪

ラスティークプレミアムヘアケアセット
ラスティークの口コミ!太い硬いロングヘアもまとまってサラサラ♪髪が太くて硬めのロングヘアにラスティークのプレミアムヘアケアセットという洗い流さないトリートメントを使った口コミです。 ラスティー...
自分を大事にしよう

こちらの記事がよく読まれています