イタリア旅行はスリ対策必須!対策グッズとバッグを実体験から

<広告>

2017年9月に初めてのイタリア旅行に行って来ました。

パスタやコーヒーが好きなこともあってとても楽しみな旅行でしたが、旅行の準備の段階で一番時間をかけたのが、イタリアのスリ対策でした。

イタリアは現地に住んでいる日本人でさえ狙われるほどのスリ大国。そんなこと知ってしまったら当然チカラを入れてスリ対策しますよね(^_^;)

イタリア旅行はスリ対策を万全に!私が実際にした対策を公開

イタリア旅行にスリ対策が必須な理由は「スリ大国」かつ「日本人が狙われやすい」から

イタリア国旗

私はこれまで何回か海外旅行の経験があり、イタリア旅行も同程度のスリ対策で良いだろうと思っていました。

しかし、イタリア旅行に行った事がある母の友人たちは口を揃えて「イタリアに行く時はスリに気を付けろ」と言うのです。

  • 母の友人にスリの被害に合った人がいた
  • 母の友人と同じツアーに参加していた人がスリの被害に合った
  • 母の友人と同じツアーに参加した人が「イタリアはスリに合う人が本当に多い」と言っていた

などなど。

話を聞けば聞くほど恐ろしくなってきます。((゚Д゚;))ガタガタ

 

私自身ネットでイタリアのスリ事情が他の国とそんなに違うのかどうか情報収集しました。

そうしたら、

  • イタリア在住の日本人でスリに遭った人
  • 地下鉄でスリに遭った
  • バスでスリに遭った
  • 観光地でスリに遭った


など、スリ被害の経験談や、知り合いがスリに遭ったなどの情報がたくさん出てきました。

 

更にイタリアのスリ事情について調べると、

  • イタリアはスリ大国
  • スリを生業にしているプロがいる
  • 観光客が狙われやすい
  • 特に日本人男性は要注意


だということなど、色々分かりました。

特に日本人は「現金」を持っていることで有名なので、狙われやすいので要注意です。狙われやすい理由はシンプルで、日本は世界で見た時「クレジットカード後進国」だということがバレてるからですね。

 

これまでアメリカ、ヨーロッパとあちこち旅行してきた私ですが、イタリアは本格的にスリ対策をせねばなるまいと思い、色々と対策を練りました。

<広告>

イタリア旅行でスリに遭わないためにしたい対策は「スリのターゲットから外れる」努力

ジーンズのポケットから財布が抜き取られる

イタリアのスリの特徴は集団(グループ)で行動することが多いという点。

  • ターゲットの気を引く人
  • スリをはたらく瞬間が見えないように壁になる人
  • 実際にスリを実行する人


といったように役割分担をしているんですね。

 

イタリアのスリはこれだけ用意周到なので、こちらが気を引かれている間に仕事(スリ)が完了してしまいます。一度ターゲットにされてしまったらほぼスられると思った方がいいです。

ですから、イタリア旅行のスリ対策はまず「スリのターゲットにされない対策」に力を入れましょう。

 

スリは地下鉄やバス、観光地など人が多い所にたくさんいるのですが、スリはまずターゲットの財布の場所を確認するところから始めます。

 

例えば、地下鉄やバスに乗る前は切符を買いますよね。

その時、スリはどこに財布をしまうかチェックしています。財布の場所が分かったら、地下鉄の車両やバスまで付いて来てスリを実行します。

鞄をいっぱい持っていて、財布をどこに入れているか分かりにくい状況でも、財布の場所がバレてしまうと危険です。

 

ですからまずは「財布の場所をスリに知らせない」対策をした上で、次に「スられた時の被害を最小限に抑える対策」をすると良いです。

イタリアのスリ対策例

  • ちょっとした時にすぐ使えるように小銭や小額紙幣をポケットに入れておき、財布の場所をスリに知らせない
  • 鞄の中から財布を出さずにお金だけ取り出し、財布をスリに見せない
  • お店で買い物した時は店の外に出る前に財布を鞄にしまう
  • スられてもいい「捨て財布」を用意し、捨て財布には盗られてもいい額(20ユーロ程度)しか入れておかない

こういった方法であれば駅で切符を買うくらいや、ちょっとした買い物をするくらいならお金も足ります。スリにも財布の場所が分かりにくいですし、万が一スられた時も被害を最小限に抑えることができます。

ツアーの自由行動などで買い物をする時は多くのお金が必要になることもありますが、そういう時は、

  • セキュリティ用インナーに入れておき、トイレで補充する
  • クレジットカードを利用する


ようにすればOKです!^^

 

セキュリティ用インナーを使う場合、お金の補充が面倒かもしれませんが、スリに遭ってせっかくの楽しい旅行を台無しにするくらいなら、これくらいの手間は惜しまないようにしましょう。

また、クレジットカードを使う場合は「捨て財布」や「メイン財布」とはまた別にクレジットカード入れを用意しておきましょう。財布と一緒にクレジットカードまで持って行かれては意味がありません。カードはスキミング防止も忘れずに。

後述しますが、イタリア旅行の時に持って行くクレジットカードはJCB以外がおすすめです。詳しくは「イタリア旅行時のクレジットカードはVISAとMasterCard推奨。2枚持ちならより安心!」をどうぞ。

 

私がイタリア旅行の時に実際に行ったスリ対策4つ

では実際に私はどんな対策をして行ったのかを紹介します。

絶対安全とは言えませんが、一応スリ被害には遭わず、無事に帰国することができました。

1.現金の多くはセキュリティインナーの中

パスポートを守るためにセキュリティインナーを着用されますよね。私はそこに使う予定のない現金も一緒にしまっておきました。

手持ちは大体30ユーロくらいで、免税店などで足りなくなったらトイレで補充したり、カードで支払いました。

 

セキュリティインナーには色々な種類がありますので、ご自分に合った物を使うといいでしょう。

私は、お腹に巻くタイプはハワイ旅行の時に使ったのですが、おへそ周りがもたついて嫌になり、結局外してしまった思い出が・・・。

首から下げるタイプは、

  • 首から紐が見えると、「ここに貴重品ありますよ」と言っているようなもの
  • カメラを首からぶら下げる
  • 鞄を肩にかけたりする


など、首回りは意外とごちゃごちゃするので却下。

ベストタイプはガサガサして邪魔そうだし、夏の旅行だと暑そうなので却下。

 

最終的に選んだのが、下記(↓)のスカートタイプのセキュリティインナー。

 

口コミを見たら、イタリア旅行をきっかけに買ったという人が多くて笑いました(笑)

 

スカートタイプですが、パスポートを横向きに入れる程度の深さしかないのでお腹周りがもたつかず、邪魔になりませんでした。また、夏の旅行でしたが暑くもなく、蒸れず、快適。貴重品を入れるポケットにはファスナーがきちんとついています。

パンツスタイルでもひびかないと人気です。

 

海外旅行時のおすすめセキュリティポーチ」でも個人的お気に入りを紹介していますので良かったらどうぞ。

海外旅行時のおすすめセキュリティポーチ。個人的お気に入りを紹介

2018.03.21

 

2.財布の中身は最低限の額のみ&チェーンで鞄とつなぐ

財布は旅行用に無印良品「パラグライダークロストラベル用ウォレット」を使っています。(チェーンはあとから私が付けた物です)

薄いし軽いしで普通の二つ折り財布を使うよりかさばらず、超おすすめ。

無印良品「パラグライダークロストラベル用ウォレット」

この捨て財布には20~30ユーロ位しか入れておきません。万が一スリに遭った時も、これくらいなら被害も最小限に抑えることができます。

 

ツアー旅行の場合、観光先のお土産屋さんではポストカードやお菓子などちょっとした物しか買わないことが多いので、私は20~30ユーロでも十分でした。

大きい買い物がしたい時は、クレジットカードを使うか、トイレでインナーセキュリティからお金を補充します。

 

この財布には金具が付いているので、別途セーフティーチェーンを購入し、鞄と財布をつなぎました。

そうすることでスリが財布の存在に気づいても、チェーンで繋がっているので「こいつをターゲットにするのは面倒だ」と思わせてターゲットから外させることが狙いです。

 

▼初めからチェーン付きの財布もあります▼

3.クレジットカードは現金とは別に持つ

万が一スリに遭ってしまった場合、現金が全くないのでは困りますよね。

なので、クレジットカードは財布には入れず、別途カードケースに入れておきます。

 

私は無印良品の「パラグライダークロスセイフティケース・カードサイズ」を使っています。ストラップ付きなので、ストラップを鞄に通してカードケースも容易にすられないように対策しました。

無印良品の「パラグライダークロスセイフティケース・カードサイズ」

 

ちなみに「イタリア旅行時のクレジットカードはVISAとMasterCard推奨。2枚持ちならより安心!」でも書いていますが、海外でクレジットカードを使う場合は、VISAかMasterCardであれば大抵どこでも使うことができます。

母親がJCBのクレジットカードを持って行ったのですが、ほぼ使うことができず私が代わりにVISAで支払う場面が何度かありました(^_^;)

JCBは日本国内では加盟店が多いですが、世界で見た時は加盟店が少ないので注意してください。特にヨーロッパではJCBを知らない人も多いです。

ただしJCBカードを持っていると、海外に設置されたサービス窓口「JCBプラザ」で観光相談などができます。なのでお守りとして持っていくと良いでしょう。いざという時頼れます。

詳しくはJCB PLAZAをご確認ください。

 

クレジットカードは海外旅行保険付きだったり、マイルが貯まったり、空港ラウンジを利用できたりするので、よく旅行をするのであれば持っていて損はありません。年会費無料の物も多いですからね。

私はクレジットカードで数万ポイントを何度も貯め、お得にお買い物をしています。無理なくポイントを貯めることについては「クレジットカードのお得な選び方の基準はどこでよく買い物をするか!」を参考にしてみてください。

 

4.鞄はボディバックを体の前にして持つ&鞄は肌身離さない

スリ対策には鞄は体の前に持ってくるのが一番です。リュックも前に背負ってください。かっこ悪くてもです。

ただ、イタリアはリュックだと入場できないことがある観光地が多いため、ショルダーバックかボディバッグがおすすめです。

詳しくは「イタリア旅行のバックはリュック以外がおすすめ!持っていきたい鞄は?」で書いています。

 

私はボディバッグを常に体の前に斜め掛けにして観光しました。

私が使っているのはMILESTO(ミレスト)のTROT 2WAYボディバッグ。ウエストポーチとボディバッグとして使うことができます。

ミレストのボディバッグ

ミレストはユニセックスなデザインで、老若男女問わず使える旅行グッズで有名なブランドです。

また、イギリスブランドのリバティプリントやハリスツイードを使った商品もあり、これらのブランドが好きな方にもおすすめです。

 

それから、貴重品の入った鞄は常に肌身離さないようにしましょう。

日本だと席を確保するために荷物を置いていても盗難に遭うことはめったにありませんが、海外だとすぐ盗られます。座っている時も体の横や足元に置いたりせず、膝の上に置いておくのが安全です。

とにかく貴重品の入った鞄は体の前に!

スリ対策を万全にしてイタリア旅行を楽しんで来てください!

以上、私が実際にイタリア旅行で行ったスリ対策でした。

 

  1. スリに遭う確率を低くする対策
  2. 万が一スリに遭ってしまった時の対策

 

この2つの対策をしっかりして、せっかくのイタリア旅行を嫌な思い出にしないようにしてくださいね!

 

▼こちらの記事もよく読まれています▼

 

<広告>

口コミ評判のいいかに通販ショップ「匠本舗」の「かに本舗」からお取り寄せしてみました!

リピーターが多いのも納得の美味しさだったので年末年始の家族団らんや、贈答におすすめです♪

▼注文はこちらから▼