ライフスタイル

【レビュー】スマホ車載ホルダークリップ式カーマウントが超便利!

スマホ車載ホルダーを購入しました。買ったのは運転席前のダッシュボードに取り付けられる、クリップ式。

実際に使ってみて買って良かったと思っていますが、デメリットも一応あります。

写真付きでレビューを書きますので、これからスマホ車載ホルダーを購入しようと思っている方は参考までに読んでみてください。

スマホ車載ホルダークリップ式のレビュー

今回私が買ったのはコレ。運転席のダッシュボードに挟んで設置するタイプ。スマホはクリップで挟んで使います。

スマホ車載ホルダーには色んなタイプがありますが、私がコレを買った理由は、数多くあるスマホ車載ホルダーの中でも一番視線の移動が少なくて済みそうだなと思ったからです。

スマホ車載ホルダークリップ式のメリット(良かった点)

1.視線の移動が少ない

実際使ってみたら、視線を少し下にズラすだけですぐ確認ができるのでとても良かったです。エアコンやCDスロット設置タイプだと、左下まで視線を大きく動かす必要があります。

購入前には「運転席の真ん前にスマホがあると、スマホが視界を妨げるのでは?」という懸念もあったのですが、大丈夫でした。

写真で見て貰うと分かりやすいかと。↓

スマホ車載ホルダークリップ式を運転席のダッシュボードに設置した時の写真

ちなみにスマホはXPERIA XZ1です。比較的大き目のスマホで、幅は7.5cmくらいですが余裕で挟めます。

2.女性でも取り付けが簡単なのにしっかり固定できる

スマホ車載ホルダークリップ式

車内は高温になることもあるため、超強靭素材で作られており、耐久性があります。それでも、女性の力でも簡単にダッシュボードに設置することができました^^

 

裏側には滑り止めマットが付いていて、しっかり固定することができるようになっています。

吸盤式だと熱で劣化して取れやすくなるデメリットがあるのですが、クリップ式だとそういう心配もありません。

スマホ車載ホルダークリップ式の裏側はゴムの滑り止めつき

ダッシュボードにも傷がつかないので嬉しいですね。

 

付けるのがラクなので、取るのも簡単です。実際に設置した後外してみましたが、こちらも女性の力でも簡単です。

3.スマホの設置や撤去が簡単

スマホ車載ホルダーの設置が簡単でも、肝心のスマホの設置や撤去が面倒だったら意味がありませんよね。

でもこれはクリップ式なので簡単です。

スマホ車載ホルダークリップ式

指でやるよりは手の平を使う方があまり力を入れずにスマホを挟むことができます。女性の方は手のひらを使うとラクですよ。

 

また、スマホを挟む部分にも滑り止めマットが付いているので、スマホをしっかり固定できるだけでなく、スマホに傷をつける事もありません。

4.使わない時は邪魔にならない&設置しっぱなしでOK

当たり前ですがスマホは車に置きっぱなしにはしませんよね。また、スマホを使わずに運転することだってあります。

使わない時は2~3cmくらいの厚みなので邪魔になりません。

スマホ車載ホルダークリップ式

また、スマホ車載ホルダー自体をつけっぱなしにしておいても大丈夫。超強靭素材で作られており、耐久性があります。

いちいちスマホ車載ホルダーを取り付けたり、外したりするのは面倒ですもんね。

スマホ車載ホルダークリップ式のデメリット(悪かった点)

1.車によっては設置できない

このスマホ車載ホルダークリップ式は、運転席のダッシュボードに設置するタイプです。

なので挟める所がない車には設置できません。

車のダッシュボード

2.直接日光が当たるため、夏場の対策は考えた方が良い

このタイプの車載ホルダーは目線の移動が少ないことが大きなメリットですが、その代わり直接日光を浴びるデメリットがあります。

暑くなってきたらハンカチを被せて直接日光が当たらないようにして対策しようかと思っていますが、もしかしたら夏用に別のタイプを購入するかもしれません。

3.縦に設置はできない

購入してから気づいたのですが(遅)、スマホを縦にして設置できません。

私はナビ目的で使っていますが、横でしか使えなくても問題ありませんでした。が、使用目的によって縦で使えないと困るという方はご注意ください。

 

[box class=”yellow_box” title=”まとめ”]

【メリット】

  1. 運転席の前に設置できるので、視線の移動が少ない
  2. 女性でも簡単に取り付けできて、しっかり固定できる
  3. スマホの設置や取り外しが簡単
  4. 使わない時はコンパクトなので視界を妨げない

【デメリット】

  1. 設置できる車を選ぶ
  2. 直接日光が当たる
  3. スマホを縦にして使うことができない

[/box]

 

万人向けの商品はないので、デメリットもありますが、個人的には設置できる車であればおすすめですよ^^

使用の際は画面を注視しないように安全運転でいきましょう!

自分を大事にしよう

こちらの記事がよく読まれています