本・ゲーム・映画

世界樹の迷宮Xの感想。ボリューム満点で面白いのでぜひやって欲しい!

世界樹の迷宮Xを表・裏共にクリアしたので、プレイした感想を書きます。

個人的にはボリュームも歴代最高で、戦闘の難易度も相変わらず「世界樹」でやりごたえがあり、とても楽しめました。地図も嫌になる程描かせて貰えたので大満足です!

気になっているけどまだ買っていないという方、RPG好きの方は買いですよ!

※ネタバレは極力控えて書いています。

アトラスのゲームで初心者におすすめのものは?
アトラスのゲームで初心者におすすめの物3選!まずはこれからどうぞATLUS(アトラス)は「女神転生シリーズ」「世界樹の迷宮シリーズ」など数多くの人気作を出しています。 ペルソナはアニメ化、映画化...

世界樹の迷宮X(クロス)クリア後の感想・評価

世界樹の迷宮Xはプレイヤー次第で色々な楽しみ方ができるDRPGだった!

3DSで出る最後のシリーズとなった世界樹Xですが、一区切りというだけあってこれまでのシリーズの良いところをしっかり生かした出来になっていました。

一般的なRPGだと主人公を操作してストーリーを進めていきますが、世界樹シリーズには主人公がいません。それ故に縛りがあまりなく、プレイヤーによって色々な楽しみ方ができるゲームです。

大きく分けると、キャラクター周り、バトル周り、それ以外の楽しみ方ができます。

1.キャラクター周りにこだわって楽しめる

世界樹シリーズは決まった主人公がいないどころか、冒険メンバーも決まっていませんので、自分でキャラを作ることになります。

キャラクターメイクでできること
  • 名前
  • 職業選択
  • 容姿選択
  • カラー(髪の毛、肌、目の色)
  • ボイス(60種類)

世界樹Xの場合、DLCで過去作の容姿をDLすることで更に容姿選択の幅が広がります。

これまで職業に応じた容姿しか選ぶことができなかったのですが、DLCのおかげで完全に自分好みの容姿をあてることが可能に。

私の場合、職業によっては容姿が好みでないこともあったので、地味に嬉しいです。

 

また、キャラメイクにこだわる方はキャラの設定を考えて楽しんでいるようです!

例えば「ソードマン(他のRPGでいうところの剣士)は小さい頃に幼馴染と冒険者になることを約束し、この度めでたくレムリアの地を踏むことになった。」とかです。

私はキャラの設定までは考えずにプレイしていますが、例のように自分でキャラの背景まで設定を決めることで、よりキャラに愛着が湧きます。

2.バトル周りにこだわって楽しめる

世界樹Xには19の職業が用意されています。

これだけでもかなり多いのですが、同じ職業であってもどんなスキルを取得していくかで特色が変わるため、同じ職業であっても全く同じになりません。それゆえ、同じ職業のキャラを複数パーティーに入れる方も少なくありません。

もちろん、冒険に出るパーティーの組み合わせも完全に自由です。

1パーティー5人までという決まりはありますが、5人以内であれば何人でもいいので1人で冒険することも可能

更にいつでもギルドで編成を変えることができるため、組み合わせは無限大。最初から最後までずっと同じパーティーである必要もありません。

更にストーリーを進めていくとサブクラスも解禁され、その組み合わせは19職×19職。

戦略性にこだわりたい方はとことんこだわる事ができ、思い思いのバトルを楽しめます。

 

また、世界樹Xには4つの難易度が用意されています。

世界樹Xの難易度
  1. ピクニック
  2. ベーシック
  3. エキスパート
  4. ヒロイック

↑下に行くほど高難易度です。

初心者の方やあまり時間をかけずに楽しみたい方はベーシックがちょうどいいですし、一回クリアしたから難易度をエキスパートにあげてみようかなとか、最初から高難易度でパーティー一人旅なんていう楽しみ方も可能です。

また、ボス戦で詰んだ時に一般的なRPGと同じようにレベルを上げて再挑戦するのか、装備を鍛えるのか、パーティー編成を見直すのかもプレーヤーの自由です。

 

ちなみに私は1周目は難易度ベーシックで、パーティーは最初から裏クリアまで下記でした。()はサブクラスです。

1周目のパーティー
  • ヒーロー(ハイランダー)
  • インペリアル(ゾディアック)
  • セスタス(シノビ)
  • メディック(プリンス)
  • ゾディアック(インペリアル)

回復特化のメディックがいたことや、ヒーローの”ついで回復”スキルも優秀だったのでパラディンがいなくても余裕でした。

3.それ以外の楽しみ方

それ以外の楽しみ方としては、やはり3DSの2画面を生かしたマッピングシステム。

世界樹シリーズは「自分でダンジョンの地図をタッチペンを使って下画面に描くゲーム」とも言えます。

私はこのマッピングがとても好きで楽しんでいるのですが、面倒という方の為にオートマッピング機能もちゃんとついています。

いずれにせよ自分が歩いた所がどんどん埋まっていく快感は素晴らしいですよ。

世界樹Xはボリューム満点&難易度も良くやりごたえがあった

世界樹X、こんな感じで人によって色々な楽しみ方ができるのですが、個人的に特に良かったなと思った点は以下の2つ。

世界樹X、特にここが良かった!
  1. 歴代最高のボリューム
  2. 世界樹らしい難易度、シビアさ
  3. シリーズファンに向けたお祭り感

1.ボリューム満点!クリアまで約80時間

世界樹Xはこれまでのシリーズに比べるとかなりのボリュームがあります。

これまでのシリーズだと第5迷宮までで、クリア後に第6迷宮があるというのがセオリーでしたが、世界樹Xは全部で10迷宮以上あり、加えて小迷宮もたくさんあります。(全部でいくつの迷宮があるのかはプレイしてからのお楽しみ!)

クリアまでにかかった時間は78時間ほどでした。クリア後のお楽しみもあるので、それを入れると90時間超え!日数にすると、発売日から3~4週間くらい掛かっています。

第5迷宮辺りから「そろそろクリアも近いのかな?」と思い始めたのですが、ぜんっぜん終わりませんでした(笑)

30~40時間くらいのボリュームだと、私は数日~1週間くらいでゲームをクリアしてしまう事が多いので、世界樹Xは本当に長く楽しませてくれました。大満足です!

2.世界樹らしい難易度、シビアさ

それからもう1つ。

世界樹Xはシリーズの中でもそこそこの難易度に仕上がっていると感じました。

特にスキルが揃っていない序盤が辛かったですが、後半スキルが揃ってレベルもカンストしているのに1ターンでパーティー全員のHPをゴリッと削られたりします。なんならhageる(全滅する)わけで。

ザコ戦がいつまでも油断できない感じ、世界樹やってる感があって満足です。

ちなみに私は難易度ベーシックでやりました。2周目はエキスパートでやってみるつもりです!

3.シリーズファンこそ驚く展開や、じわじわくるポイントがある

世界樹シリーズをこれまでやってきたボウケンシャー達が懐かしさを感じたり、驚いたり、じわじわくるポイントがあることも楽しめる要素の1つでした。

ネタバレになりますので書けませんが、世界樹をやった事がある方は違った意味でも楽しめるように作られています。

さすが3DSで出る最後の世界樹というだけあって、お祭り感満載です!ワクワクしましたよ!

とはいっても全くの世界樹初心者が楽しめないという訳ではありませんのでご安心を。

ストーリーは繋がっていませんし、シリーズ初心者であっても全く問題なくプレイすることができます。私の友人も世界樹デビューを世界樹Xにしましたが、楽しくプレイしていますよ^^

世界樹の迷宮Xは面白いのでぜひプレイして欲しい

世界樹Xはキャラメイク・育成、バトル、マップなど色んな面から楽しめます。どれかはツボにはまるので心配無用。

ハードも3DSなので家でゴロゴロしながら、お気に入りのカフェに持って行って遊ぶなどしやすい点も嬉しい。

社会人で忙しい方も、アリアドネの糸でいつでも好きな時にダンジョンを抜けてセーブ中断ができるので大丈夫ですよ。コツコツ進めて地図を埋めるのが世界樹の醍醐味です。

ぜひ正統派のDRPGを楽しんでください!

▼攻略本も出ています▼

 

▼こちらの記事も読まれています▼

おすすめの動画配信サービス
ハリポタ

月額933円(税抜)で人気映画やテレビ番組50,000本が見放題!

今すぐ無料でおためし⇒【Hulu】今すぐ会員登録はこちら⇒