会社員として働く

うつ病での退職はメールでもOK。体験談と例文を紹介!早く辞めて治療に専念しよう

うつ病で会社を辞めたい場合、退職の意思を伝えるのはメールでも問題ありません。実際、私は上司にメールで退職の意思を伝え、手続きは全て郵送で完結しています。

ここでは私がうつ病で休職していた時に、メール1本で退職した時の体験談やメールの例文を紹介します。

また、会社とのやり取り自体が厳しいという場合は「退職代行サービス」を利用する手もあります。

退職届を書く紙とペンの写真
おすすめ退職代行サービス2選。うつ病の人には最高のサービスなのでぜひ活用しましょう会社を辞めたいけどうつ病などで自分でやるのが難しい、ストレスがすごいというあなた。ならば退職代行サービスを利用するといいですよ。当記事ではおすすめの退職代行サービスを2つに絞って紹介していますので、どこを利用したらいいのか分からない方はどうぞご覧ください。...

うつ病で退職する時はメールで連絡しても大丈夫

私がうつ病で休職中にメールで「退職したい」と会社に伝えた体験談

メールで退職の意思を伝えた理由

私は退職の意思を上司にメールで伝えました。その後の手続きもメールもしくは郵送で全て完結しました。

なぜメール1本で退職したのかと言いますと、会社を訪問することがうつ病の私にとってはハードルがとても高く、病気を悪化させる原因になりかねなかったからです。

元プログラマーがデスマーチでうつ病になり退職した体験談」でもチラッと書いていますが、復職に向けて会社側と話し合いをすべく会社を訪問した際、会社にいるだけで涙がボロボロ溢れてきて止まらない経験をしました。

これをきっかけに復職ではなく退職の意思を固めたのですが、「こんな状況で再び会社に行って上司や人事に退職の意思を伝えたり、手続きをしたりするのは無理だな」と思い、非礼や非常識を承知でメールで退職の意思を伝える事を決めました。

無理して会社に行って手続きをしたとしても、うつ病が悪化するとしか思えませんでした。数時間もあれば済むことですが、うつ病の人にとっては肉体的にも心理的にもかなりの負担です。

健康な人でも退職云々は緊張する&大変なのに、うつ病の人には無理ゲーすぎる

上司にメールで退職の意思を伝え、手続きは全て郵送で完結!

メールの文面は自分で考えました。メールを書いたのも送ったのもスマホからです。しかも自宅のベッドに横になりながらの作業でした。

PCに向かう気力なんて無かった

メールの細かい内容は覚えていませんが、おおよそこんな感じの内容でした。

上司に送った退職メール

○○さん(上司の名前)

お世話になっております。
○○です。(自分の名前)

退職させて頂きたいのですが、手続きをメールもしくは郵送でする事は可能でしょうか。
本来であれば直接ご挨拶に伺うべきですが、体調面から難しく、ご配慮頂けますと大変助かります。

ご検討の程宜しくお願い申し上げます。

○○(自分の名前)

その後上司が人事に確認してくれ、無事に郵送で退職の手続きを進められる事に。

私は退職日を自由に決めていいと言われたので、2~3週間後くらいの日付を退職日にしました。手続きが郵送なので、少し期間に余裕を持たせた方がいいかなと思ったのでこの期間になりました。

上司に何か言われるかなとちょっとビビってましたが、スムーズに話が進んで安心しました

退職するまでは2~3回くらい会社とのやりとりが発生します。

ちょっと心理的負担が掛かってきますが、こればっかりは仕方ないので耐えましたがかなり消耗しました・・・。

もしあなたがどうしても会社とのやりとりができない場合は親にお願いしたり、退職代行サービスを利用するのも手です。

退職届を書く紙とペンの写真
おすすめ退職代行サービス2選。うつ病の人には最高のサービスなのでぜひ活用しましょう会社を辞めたいけどうつ病などで自分でやるのが難しい、ストレスがすごいというあなた。ならば退職代行サービスを利用するといいですよ。当記事ではおすすめの退職代行サービスを2つに絞って紹介していますので、どこを利用したらいいのか分からない方はどうぞご覧ください。...

会社の机やロッカーに置きっぱなしになっている荷物はダンボールに入れて送ってくれました。仕事の参考にしていた書籍類は返されても使わないので会社に寄付。

後は退職日に上司にメールでお世話になった旨の連絡を入れて、退職完了。

とても気分が晴れやかになった事をよく覚えています。

退職する事が決まってからは事務的にサクサク進んでいったよ

メールで退職の意思を伝えることは非常識ではないのか?

本来ならば、退職のように重要な事は対面でするのがベストでしょう。礼儀という意味合いが強いと思います。

でもそれは下記のように環境に何も問題がない場合に限ります。

この場合は直接退職の意思を伝えるのがベスト
  1. 退職したい本人が至って健康な場合
  2. 上司がまともである
  3. 会社がまともである

しかし、状況が違えば当然ベストな方法も変わります。

うつ病になると「社会的活動が厳しくなる」「ストレス耐性がとても低くなる」ので、健康な時なら出来ていたことであっても出来なくなります。

うつ病になるような方は真面目で頑張り屋さんが多いですから、「会社に迷惑をかけたし、退職の意思くらいはきちんと会社に行って伝えるべきだろう」と考えるかもしれません。

でもそれがあなたにとって大きなストレスになるのであれば、無理しないことです。

考えるだけで体調を崩してしまうのなら尚更です

今はうつ病でない人だって積極的に退職代行サービスを利用する時代です。

それに、出来ないなりに「メールでもいいだろうか」と、きちんと筋を通そうとするあなたは立派ですよ。

 

それよりもあなたに負担が少ない方法でしっかり退職の意思を伝え、きちっと退職し、一刻も早く余計なストレスから解放されて治療に専念する事の方が大事です。

万が一、上司に「非常識な奴だ」と思われたっていいではないですか。どうせ辞めるんですから、もう付き合いもありません。

うつ病で退職の意思をメールで伝える時の例文

うつ病の時は思考力や判断力が鈍ります。

私はなんとかメールの文面を考えることは出来ましたが、難しい方は私が実際に上司に送ったメール文面をアレンジして使ってください。

退職の意思を伝えるメールの例

○○さん(上司の名前)

お世話になっております。
○○です。(自分の名前)

退職させて頂きたいのですが、手続きをメールもしくは郵送でする事は可能でしょうか。
本来であれば直接ご挨拶に伺うべきですが、体調面から難しく、ご配慮頂けますと大変助かります。

ご検討の程宜しくお願い申し上げます。

○○(自分の名前)

もっと上手い文章を考えられるのであれば是非そうしてください

大事なことは下記3点をきちんと伝えることです。

きちんと伝えること
  1. 退職の意思
  2. 退職の手続きの為に会社に行くのは無理だということ
  3. 代替案としてメールや郵送でできないか

うつ病が酷過ぎるor会社や上司がストレスでメールすら難しい場合は代理人を立てても良い

うつ病の症状や置かれている状況によっては、あなたが直接会社とやりとりする事が厳しい場合もあります。

例えば、こういう時ですね。

こういう時は代理人を立てた方が良い
  • 症状が酷い
  • 会社とやり取りすることで病気が悪化しそう・治療の妨げになりそうだと感じる
  • 会社や上司自体がストレスの原因である
  • ブラック企業である

一番代理人を頼んでも違和感がない人は家族でしょう。

しかし、「親に頼むのは恥ずかしい、みっともない」「親との仲が良くない」「親が病気を理解していない」「親が会社を辞めることに賛成していない」ということもあるもの。

そういう場合は退職代行サービスの利用をおすすめします。

おすすめの退職代行サービスは下記の記事にまとめているので読んでみてください。また、相談は無料でできるのでとりあえす相談してみるのも良いでしょう。

退職届を書く紙とペンの写真
おすすめ退職代行サービス2選。うつ病の人には最高のサービスなのでぜひ活用しましょう会社を辞めたいけどうつ病などで自分でやるのが難しい、ストレスがすごいというあなた。ならば退職代行サービスを利用するといいですよ。当記事ではおすすめの退職代行サービスを2つに絞って紹介していますので、どこを利用したらいいのか分からない方はどうぞご覧ください。...
みんな抱えてる事情は違うので、自分に合った方法を選ぼう

退職代行サービスを利用すると、あなたの代わりに退職の意思を伝えて貰える

退職代行サービスは、

  • 自分で退職の意思を伝えられない
  • 退職の意思を伝えたが引き留められた
  • 会社の人と極力関わらずに退職したい

というあなたの代わりに会社に退職の意思を伝えたり、会社に出向いて手続きしなくて良いように伝えてくれるサービスです。

今はブラック企業が問題視されるという時代の流れがあり、このようなサービスが需要を集めています。

退職代行サービスは、会社との間に代行業者が入ってくれるので自分で会社とやり取りする事が難しい人ほど利用する価値があります。

特にうつ病になった人のほとんどは、会社とのやり取りが苦痛で苦痛で相当なストレスを感じますし、消耗しやすいです。その後、体調を崩す所までセットでしょう。

私も会社とやり取りしたあとは暫く体調崩していました・・・

自分で会社とやり取りできるのであれば良いですが、それが難しいのならばありがたく代行サービスを活用させて貰いましょう。

その方があなたに負担が掛からないだけでなく、会社側にとっても良いです。会社側としては音信不通になられてバックレられるのは困りますからね。

退職届を書く紙とペンの写真
おすすめ退職代行サービス2選。うつ病の人には最高のサービスなのでぜひ活用しましょう会社を辞めたいけどうつ病などで自分でやるのが難しい、ストレスがすごいというあなた。ならば退職代行サービスを利用するといいですよ。当記事ではおすすめの退職代行サービスを2つに絞って紹介していますので、どこを利用したらいいのか分からない方はどうぞご覧ください。...

【まとめ】きちんと会社を退職できるなら方法は何だっていい

うつ病の当事者にとって、会社に出向いて退職の意思を伝えたり手続きをする事は非常に負担がかかる事です。

  • 「会社に迷惑を掛けているから言い出しにくい」
  • 「会社に言うのが怖い」
  • 「上司と話したくない」

など、思ってしまうのは当然です。健康な人でも退職を切り出す時は色々思うものです。

問題は、うつ病の人の場合はストレスで病気を悪化させてしまう恐れがあること。

私も退職の意思を会社に伝える前後や、退職の手続きを進めている間は普段より体調が悪化しましたし、回復に時間も掛かりました。

うつ病で退職したいと思っているあなたに大事なことはたった1つだけです。

大事なこと

会社にきちんと退職の意思を伝えて会社を辞め、治療に専念すること

「直接会社に行くのは無理だけどメールでなら・・・」というのであれば、それでいいんです。自分で伝えられないなら代理人にお願いしてもいいんです!

今はうつ病なのですから、できない事があって当然です。できないのであれば他の方法を考えればいいだけです。

あなたにとって負担のかからない方法で問題ないので、早く辞めて治療に専念できる環境を整えるのがベスト。

退職の方法で悩んでいる時間がもったいないです

会社と繋がっていることでストレスを感じている人ほど、辞めた後は気が楽ですよ!私はそうでした。

退職代行は相談だけなら無料の所が多いので、まずは相談してみてはどうでしょうか?

退職届を書く紙とペンの写真
おすすめ退職代行サービス2選。うつ病の人には最高のサービスなのでぜひ活用しましょう会社を辞めたいけどうつ病などで自分でやるのが難しい、ストレスがすごいというあなた。ならば退職代行サービスを利用するといいですよ。当記事ではおすすめの退職代行サービスを2つに絞って紹介していますので、どこを利用したらいいのか分からない方はどうぞご覧ください。...
自分を大事にしよう

こちらの記事がよく読まれています